スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  Posted by スポンサードリンク
- : - : -

3月のライオン

待ちに待ったウミノさんの新作。

まず、ネットで予約するとポストカード3枚に空想マップ等が付くとの事でゲット。
そして、今回は某出版社が社運を賭けてるかの如く大々的な宣伝をしていて、
しおり10種類を配布との事で朝からガンガン本屋&コンビニ探すも見つけられず・・・
もう何軒も回ってクタクタになって帰って来たら近所のコンビニにあるかもと。
そうです、自分の家が田舎って事を忘れてました。
ちょっと、都会になって来たので調子乗ってた。

まぁ、無事に10種類ゲット出来たから良かったんだけども。

内容はなかなか進んで無くてねぇ。
零ちゃんは幸せになれるのかすら?零ちゃんは恋が出来るのかすら??
ももちゃんが可愛いのぉ(^ω^)って思いながら読んでます。

あと、巻末でウミノさんがおねいちゃんの為に買ったトーンがあるマンガのトランクスに・・・って書いてあったのは、よつばのとうちゃんのトランクスだったね。w
あのシーンを見て、ピンッ!って来たよ。あのお話の時のとうちゃんだっ!!って。
もちろん、単行本を急いでチェックして笑ったね(^ω^#)
おねいちゃん、残念(・ω・;)(;・ω・)

20:14  Posted by nozomixxx
読書 : comments(0) : trackbacks(0)

読書

・恋愛冩眞
映画がより本の方が全然良かった。話しも大分違ってて、このまま映画化して欲しかった。映画は思い出しても小池栄子の役の意味が未だに理解出来なくてモヤモヤ感いっぱいですが、龍平君と広末が二人のシーンは映像がキレイで好きです。

・罰ゲーム
山田氏が書く本はテンポが良いので一気に読めてしまうのです。勿論、今回もそうでした。そして、毎回感じるのが山田氏が張る付線は解りやすいのに、いつも忘れてて『あぅ!』と思ってしまいます。途中までは覚えてるのに最後になればなる程、面白くて忘れちゃう。やっぱり、面白いんだよなぁ。
かなりおススメ。

・ファンキー
やっぱり松尾氏の本は読んでも解らないっす。毎回毎回難しくて理解出来ない。まぁ、戯曲本だから文字だけで理解出来ないのかもしれないけど。。。

18:21  Posted by nozomixxx
読書 : comments(0) : trackbacks(0)

泣いた。

『四日間の奇蹟』


久々に本読んで泣きました。しかも、半端無いくらいに涙が流れ出てました。号泣とは違って涙が止め処なく溢れる感じ。
本自体は一応ミステリーらしいのですが、トリック?みたいなモノは『いま、会い〜』に通ずるものがある気がします。でも、文章のテンポとかは当たり前ですが、全く違う感じです。
これは映画化されるみたいですが、どうなるんだろう?と今から楽しみです。2時間弱とかでどんな風に仕上がるのかとても気になります。
脚本&監督さんが『半落ち』の監督さんだからきっと素敵な映画になるでしょう。
でも、役者陣が微妙です・・・西田氏は明らかに倉野先生ではなくて藤本氏だと思うのですが汗如月さんももっとハッキリした印象の役者さんが良かったのでは。

23:40  Posted by nozomixxx
読書 : comments(0) : trackbacks(0)

読書

「アフター0」ビッグコミックス オーサーズ・セレクション版小学館 全10巻 B6
長らく絶版になっていた岡崎二郎の傑作SFショートショート、「アフター0」が完璧版として復活。今回は筆者がジャンル別に各作品を再編集し、旧版には未収録だった短編も収録されるなど、内容はさらに充実。全8巻にて刊行される運びとなった。科学や化学その他もろもろのうんちくをエッセンスとして活用し、ときには人情モノのドラマ、ときにはミステリ、ときには冒険モノと、いろいろな味付けをして読者の前に気の利いた作品として呈示してくる手際は今読んでも実に鮮やか。旧版を買い逃していた人も持っている人も、この機会にぜひどうぞ。

欲しい。この間、弟君が買って来てたのは『NEO』でした。

久しぶりに図書館に行って一度挫折した松尾スズキ氏の対談本を読む。河原雅彦氏(ともさかりえちゃんの旦那様)との対談が面白かったのですが、ハイレグってどんなお芝居をしていたんだろう?朝出したう○こを持ち寄る??ハイレグを知った時は確か昇天した後だったのでどんなか知らないからちょっと残念。

ジャンプでやっとハンターハンターが復活したよ。長かったねぇ。絶対にバカンスに行ってたと思われますよ。てか、表紙絵のあまりの手抜きさにビックリした。それでも許される富樫(苦笑)そして、やっぱり面白いでやんの。富樫は大嫌いですが、富樫の書くマンガは狂気じみてて好きです。ワンピースとデスノートも良いですが、デスノートが・・・。

18:10  Posted by nozomixxx
読書 : comments(0) : trackbacks(0)

恋の門

羽生生純『恋の門』が松尾スズキ監督で映画化
コミックビームで連載されていた羽生生純『恋の門』が松尾スズキ監督で映画化されるそうであります。製作は『ピンポン』の映画化を手がけたアスミックエース。

『恋の門』は「石漫画」を描く謎の漫画芸術家とコスプレイヤーのオタク女子の純愛物語。寺田克也、吉田戦車らそうそうたる漫画家も絶賛の作品であります。個人的には非常に面白いんだけど、嫌なので2度と読みたくない漫画です。オタクにはつらいよ。

ちなみに主演は松田龍平。ヒロイン役が酒井若菜だそうです。他にも大竹しのぶ、大竹まこと、小日向文世、忌野清志郎らが共演とのこと。


で、松尾さんの事だから絶対に変なマンガって思ってよくよく考えたら、実はこのマンガ2年以上前に読んだ事あったんだよね。
友達の仕事場に遊びに行って友達が仕事終わるまでコレを読んでなさいって渡されたマンガが恋の門でした。あまりの衝撃に友達の仕事が一段落着いても読んでた記憶が。でも、全巻読んだかの記憶が無いんだよね。石漫画が最高に衝撃的だったんだよ。

友達曰く『課題図書』だそうで。

20:39  Posted by nozomixxx
読書 : comments(0) : trackbacks(0)

読書

☆残虐記/桐野夏生
何ヶ月待ったか解らない。やっとこで順番来ました。
内容は。。。誘拐拉致された女の子が約1年後くらいに発見されてからの女の子の話し。というか、その子が大人になり小説家になり犯人が出所した時期と同じくして行方不明になり、その時に自分の体験記(誘拐拉致された)を小説に残してたって話し。
まだ、途中だけどさすが桐野夏生だなって感じ。

20:42  Posted by nozomixxx
読書 : comments(0) : trackbacks(0)

読書

・吉田修一/東京湾景
友達が表紙買いした本を借りた。いやはや、ドラマはやっぱりドラマチックだぬん。
ドラマの1回目をきちんと見てないので詳しく解らないけど、和田君は和田君で想像できるのですが、仲間由紀恵ちゃんがやってる役は小説では普通のOLさんなので想像する事が出来なくて残念。何が残念か良くわからんが。

21:47  Posted by nozomixxx
読書 : comments(0) : trackbacks(0)

読書

・松尾スズキ/キレイ 神様と待ち合わせした女
まだ、途中ですが面白い。凄い面白い。松尾ワールドに引き込まれる。これ読み終わったら速攻でDVDを買ってしまいそうな自分。

*この面白いってのは笑っちゃうとかそういう風なニュアンスでは無くて一気にワールドに引き込まれて一瞬にして読みきっちゃえそうな勢いがある意味です。

・松尾スズキ/エロスの果て
これはまだちょっとだけしか読んで無いけれどこちらもかなり面白い作品。
この作品は5月の大人の時間で放送してたので、読み終えてじっくり観たいと思います。

私はやっぱり文字人間かも。松尾ワールドは小説よりやっぱり戯曲本が最高に素敵だと思います。
にわか大人計画&松尾ファンですが。。。すみません。

20:35  Posted by nozomixxx
読書 : comments(0) : trackbacks(0)

読書

・銀行籠城/新堂冬樹
お金目当てじゃなく籠城する犯人の目的は。。。みたいな話し。最終的に母親の愛情を確認する為に籠城してた犯人。その他に警察への復讐?!みたいな感じの話しもあったけど、バカじゃなかろうか。読み終わった後に凄く胸のムカつきを感じでこの本に費やした時間が本当に勿体無いと思いました。

・気まずい二人/三谷幸喜

河原官九郎
河原官九郎
↑何気にこの本が欲しかったりする今日この頃。

22:17  Posted by nozomixxx
読書 : comments(0) : trackbacks(0)